スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--


スポンサーサイト
未分類 | 13:51:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
爽やか
久しぶりの夕刻の東京。
しかも車を運転して山手線の内側に入るのは本当に久しぶり。

心細いながらも、バックミラーをのぞくと大判の額に入った農民画がニッコリとほほ笑む。
トランクに無造作に入れた絵がちょうどミラーをとらえる場所になったようです。
ニッコリほほ笑むというか、苦笑いしてるのかもしれない。
あなたも相変わらず田舎者だね、と。(笑)

そうです。
この日は東京いのちの電話14班のみなさんにむけて農民画講座の日でした。
ルーテル教会にて、爽やかな15名のみなさんと楽しい時間を過ごしました。

以前お世話になった、アジアンロードの木原さんにお声掛けいただき、湯本さんにお手伝いいただき、
実現することができました。
ふたたびお会いできるなんて、本当に生きててよかった。 ほんとにそういう気持ちです。
だって、前回お会いした時から、いろんなことがありましたから。
感謝です。神様にも、です。
 
参加してくださった皆さんは、大変ホスピタリティーに溢れた素敵な、リズミカルな方達でした。
温かく迎い入れてくださったので、嬉しくて高揚しました。

そしてまた、非常に驚いたのは、皆さんのカンとセンスの良さ。
初めて農民画を見る方もいらしたと思いますが、絵をとらえる力、洞察眼が素晴らしいです。
ただ、その為、あとから体験画を描く時にはご自分に厳しくせざるを得ない方も続出でした。(笑)
大変にお疲れ様でした。

皆さんとの楽しかった時間は、私にとっては何よりのご褒美です。
お心づかい、ありがとうございました。

今回の辰の絵は、桜美林大学孔子学院の講座を引き継いでくださっている河野さんに下絵を描いていただきました。大好評でした。





tid1
 瓦林リーダー

イベント | 16:02:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
時間よとまれ

昔から ふゆ の訪れにはなぜか抵抗があり、
こんな妙齢になっても 「いいえ、まだまだ」と
コートを着ずに我慢。着てしまったら訪れを認めてしまう気がします。

昨日の午後のこと。
店内からだとかがみ文字になる「オルセー画廊」の文字を隠すように
陣地を拡げる曇りガラスを見た瞬間、
あ ふゆ が来たね。
と、あっさり受け入れました。


わたし達4人はちょうどその時、蝙蝠はなぜ縁起がよいのか?
福到了!
などと吉祥ばなしに盛り上がっていて。
いつも時間オーバーで、お店のスタッフの方々には頭があがりませんです。
毎度ありがとうございます。


引っ越しが決まったので、もうあと何回この楽しい時間を過ごせるのかわかりませんが、
ひととき、ひとときを味わい、刻み、大切にしたいですね。











日常 | 17:18:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
2010年夏休みイベント (その2)
この週末はNPOアジアンロードさんに主催していただき、農民画のお話を聴いていただき絵も体験していただく。。。という、
理想的なワークショップを行いました。


asianroad1.jpg

この会のきっかけは、
今年5月に、わんりぃさん主催で行われた農民画の展示とお話の会に、こちらのアジアンロードさんのスタッフでいらっしゃるU本さんがご参加くださったところからイベント開催の運びとなったものです。
この時は新百合ヶ丘がイベント会場でしたから、U本さんはお住まいの葛飾区より遠路はるばるいらしていたのですが、それは、ご自分のところでも農民画のワークショップができないかとの見学のためだったのです。
そのU本さんの熱心さを知って、そんな方が所属されているアジアンロードさんもきっと素敵な団体であるに
違いない、と感じていました。


そして!  その通りでした。

ご参加くださった皆さんは非常に意識の高い、するどい洞察眼をお持ちの方ばかりでした。
さらに、当日居合わせた方々の発するご意見がそれぞれ個性的でありながらも知性のハーモニーが心地よく、
私は思わず、「シルクロードの交易地にいるかのようです」と言ってしまいました。
(大袈裟だと笑われてしまいましたが。。。)

私のする、‘農民画のお話’はまだまだ未熟で荒削りです。
特に中国の歴史的な背景について触れるときには言葉に芯がありませんし。
今回は理事長のMアキさんに助けていただきました。
ありがとうございました。濃い話を短く簡潔にお話する中にも温かな視点を感じ、Mアキさんの中国への思いが伝わってきました。本当はもっと聴きたかったです~ 


それからそれから、私事ですが、この日はあっと驚く再会もありました。
参加者のお一人は、なんと! 今は昔、私が新卒で勤めていた会社の大先輩でありました。
どの様な因果なのでしょう。ものすごいピンポイントのご縁を嬉しく思いました。


残暑厳しい日暮里でしたが、とても爽やかな心地よい一日でした。
ご参加くださった皆様、アジアンロードのスタッフの皆様、
このような機会をくださり本当にありがとうございました。
またご縁がありますように。。。                     (ヒラノリエ)














未分類 | 00:29:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
2010年夏休みイベント (その1)
嗚呼。。。
夏休みってなぜあっという間に行ってしまうんでしょうね。
と言っても、子供たちのお昼ごはんの心配をする必要がなくなるのはホッといたしますが(笑)

今年は残念ながら金山へ桃狩りには出かけませんでしたが、
ちょっとおもしろいイベントへ参加させていただく機会がありました。

「三国志フェス」

フェスタ とか フェスト  ではないんですね。 何語かな? アラビア語ではなさそうです。

今年初めての試みで開催されたそうで、
NPO三国志フォーラムさんが主催です。
詳しくは ⇒  http://sangokushi-festival2010.sangokushi-forum.com/

「旅の発見」のティーゲートさんにご紹介いただき、当日の会場内に農民画のブースもつくっていただける運びとなりました。
三国志と農民画はほとんど接点がないので、どうなんだろう?と思いつつ、
新しく出あう方に絵を見ていただけるのは嬉しいことなので、迷わず参加を決めました。

sangokushi3.jpg
当日展示した農民画の前で実演をしてくださった上海ママさん


sangokushi1.jpg
中央ステージで農民画の紹介をした際に募ったところ体験を希望してくださった方と

会場に集まった三国志ファンの年齢層の若さに驚きました。
考えてみたら、三国志ストーリーのゲームを各社競ってだしていますものね。
少し秋葉原っぽい雰囲気も感じられました。
コスプレーヤーもいらっしゃいました。カッコよくって思わずパチリ。
sangokushi2.jpg

正直、農民画に興味をもってくださる方はほんの少しの人数でしたが、話かけてくださる方とはゆっくりお話することができました。
今年を皮切りに、毎年恒例のイベントになりそうですね。

ティーゲートのG藤様、NPO三国志フォーラムU島様、ありがとうございました。
上海ママさん、遠方から駆け付けてくださってありがとうございました。

来年は三国志の図案の農民画ができているかも!
                                            (ヒラノリエ)




イベント | 01:34:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。