スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
爽やか
久しぶりの夕刻の東京。
しかも車を運転して山手線の内側に入るのは本当に久しぶり。

心細いながらも、バックミラーをのぞくと大判の額に入った農民画がニッコリとほほ笑む。
トランクに無造作に入れた絵がちょうどミラーをとらえる場所になったようです。
ニッコリほほ笑むというか、苦笑いしてるのかもしれない。
あなたも相変わらず田舎者だね、と。(笑)

そうです。
この日は東京いのちの電話14班のみなさんにむけて農民画講座の日でした。
ルーテル教会にて、爽やかな15名のみなさんと楽しい時間を過ごしました。

以前お世話になった、アジアンロードの木原さんにお声掛けいただき、湯本さんにお手伝いいただき、
実現することができました。
ふたたびお会いできるなんて、本当に生きててよかった。 ほんとにそういう気持ちです。
だって、前回お会いした時から、いろんなことがありましたから。
感謝です。神様にも、です。
 
参加してくださった皆さんは、大変ホスピタリティーに溢れた素敵な、リズミカルな方達でした。
温かく迎い入れてくださったので、嬉しくて高揚しました。

そしてまた、非常に驚いたのは、皆さんのカンとセンスの良さ。
初めて農民画を見る方もいらしたと思いますが、絵をとらえる力、洞察眼が素晴らしいです。
ただ、その為、あとから体験画を描く時にはご自分に厳しくせざるを得ない方も続出でした。(笑)
大変にお疲れ様でした。

皆さんとの楽しかった時間は、私にとっては何よりのご褒美です。
お心づかい、ありがとうございました。

今回の辰の絵は、桜美林大学孔子学院の講座を引き継いでくださっている河野さんに下絵を描いていただきました。大好評でした。





tid1
 瓦林リーダー

スポンサーサイト
イベント | 16:02:45 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。